読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は一休み後、希望を持つことにした

疲れたので一休みしているブログ

ACについて うつ回復記

日記

うつっていうか社会復帰というタイトルにしたほうがいいかな。。。

 

今日はカウンセリングに行ってきました。

離れていてもシャットアウトしても

家族からちょくちょくぐさりと刺さる事を言われるので

父親を連れていきました。今日はぐずることなく来てくれました。

母親は言葉が通じない(と思ってしまうので、連れていきません)

 

事情を話したカウンセラーの人とまず話して貰って、

やはり、父親もなにか話が通じない人である、というのがカウンセラーさんの見解でした。

自分の思った通りの事しか話さない、訊いていることに対しての返答がない、など。

詳しくは書きませんが、…うん。

 

共感性がない、0か1思考、諸々……

 

ぐったりしています。

なんか、私はカウンセラーさんに訴えた事を、カウンセラーさんはちゃんと理解して

気持ちとか受け止めてくれるんですが(仕事ってのもあるけど)

父親と母親はそのスキルが著しく低い人なのではないか?

という思いは、わりかし当たっていたみたいです。

 

気持ちの共感を幼いころからして貰えなかったのって、結構辛いです。

もっと安心して甘えたかったなぁ……。

 

どこにいても感じる孤独感ってここからくるし

私なんてどうせ○○できなければ居てはいけない、という考えに陥りやすいのも

そういう所から来てるのではないかな、と。

 

安心できる家が良かったな。

泣いてても、「何故泣くんだ馬鹿!笑え」と張り手をくらうような家じゃなくて

どうしたの、何が辛いのって言って貰えるような。

いつも笑ってるふりしてたら能天気、地に足がついてない、と笑われたり

もう嫌だ。

 

私がタイムスリップして小さい頃の私の面倒を見ていいなら

あの親から離して、じっくり話を聞いて、共感してやりたい。

 

不安な事があっても大丈夫だよって撫でて、

抱っこして、気が済むまでひっついてやりたい。

 

そう思った日でした。