読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は一休み後、希望を持つことにした

疲れたので一休みしているブログ

引き続き寝込む

昨日に引き続き、今日の目覚めもあまりよくありません…

鼻水が出て鼻の奥が痛いです

でも全然熱が出ない。

額は熱いのに熱も汗も出ない、

気持ち悪い感じです。

免疫機能落ちてるのかしら…

 

プラス、いつもの日内変動で

朝は落ち込みがちです…。

この朝の落ち込みをなんとかする方法ないのかな。

太陽を浴びましょう、の前にまず意識が覚醒した瞬間から現れるいやーな感じに悩まされているのですが…

その後日光は浴びてますよ…。

 

昼ごはんまでもう一眠りします。

 

 

あーもー…どこかに吐き出さないと辛いからもう書いちゃうんですが

私は人との関わりをすぱっと切ったので、その分承認欲求に飢えています。

なのでカルチャーセンターに通おうと思ったのですが、思いの外みなさんガチ…?思い入れが強い?ので、

ゆるーく楽しく話ができたらいいなぁと思って入った私にはちょっと重荷なのかもしれません。

 

好きな映画の話をしても、

私はわりと大衆向けのディズニーとか、安心して観ていられるのが好きなんですが、それを言うとディズニーとか全く観てない、アナ雪とか興味ない、と一蹴される感じが堪えました…。

マイナー作品のあの監督がうんぬんの話にはまったくついていけなかったんですが、

ディズニー作品だってすごいんですよ。全然大味じゃないし、子供向けでもない。

この前のベイマックス、工学部生ならうわぁー分かるぅ…みたいな拘りを持つキャラ描写とか、日本の町並みの再現とか、見せ場には尺割いてきっちり見せる所とか、そして題材になってる「伝えたいこと」はすごくシンプルなのに、陳腐に見せない工夫なんか、ものすごく練られてると思うんです。夢と希望を与える作品、いいじゃないですか。めっちゃかっこいいじゃないですか。

余談ですがベイマックス単体のデザイナー日本人なんですよ。

 

シンプルなことをかっこよく伝えるのって難しいです。それをずっとディズニーはやろうとしているわけで。話がワンパターンと切り捨てないで欲しかったです、ファンの前では。

 

オススメされた監督の作品は、

描写、カット割、そういったものが素晴らしいんだと思うんですが、今のぼんやりした頭の私では人々の感情の機微に鈍感なので大きな感動はしませんでした…。感想を言うのに苦労しそうです。

いや、「ゆれる」とか大好きだし、今までの経験上共感できるか出来ないかみたいな話もあるんですけど、

人の好きなものを鼻で笑わないで欲しい…ということです。

アナ雪を50点と言われた時点で、アナ雪も大好きな私は(ジョンラセターのインタビュー記事とか設定資料集読み漁りましたからね)、50点て言うな!と悲しくなりました。

 

そして、私が趣味で書く脚本って、ディズニーみたいなハッピーエンド、誰かを救うエンドを目指してるんです。下手だから陳腐に見えてしまうんだけど。

希望→挫折→乗り越え→エンドみたいな。

もしくはうつ期絶賛中の暗い話か。どちらにしても、余裕がないので、描写が荒いです。

 

しっとりとした、男女の心の機微は無理です。そういう作品も良いものは良いとわかります。

でも今私が、世界はそんなに悪くない、もしくは逆にめちゃくちゃ酷い世界だ鬱だって思う話を書きたいんだと思います(後者はカタルシスのために)。両極端。

そしてその自分の手法に情緒がないことも分かってます…。

もっと細かいものを題材に丁寧に書いたら?と暗に言われてると思います。そのアドバイスも、最もだと理解はしています。それは私の力不足です。。。でも目指すものの題材は変えられません。飲み屋の男女の話なんか嫌だ、男女の恋愛の駆け引きも嫌だ、不倫の話も嫌だ、兄弟の、家族の、ちょっとした不調和とかそれこそ自分のトラウマなんでもっと嫌だ。つーか、社会の澱みたいなのに興味がない。辛くなるから。(別に書けと強要されてません。ただそういう作風の人が多いだけです)

 

うつになってから世界が灰色みたいに鮮やかさを失いました。

その分、色彩が鮮やかで優しい作品や絵を見ると、サプリメントみたいに少しの間だけ私の鈍麻した感性を補ってくれるような、そんな気持ちになりました。

正常な人には必要ないサプリメントかもしれないです。

もっと繊細な、じっくり味わう作品の方がよい人もいると思います。

 

でも何度も言うように、今は繊細なあれこれとか書けないし書きたくないんだ……。

 

なんだこれ、ただの愚痴ですね…。

うまく書けない愚痴。

まとめると、

今私はカタルシスのために何かを書いているので、なんかコンクールを目指す人たちと話するのがしんどいですってことです。

 

もっともっとあけすけに書くと

自分勝手な観点で書くと

少ない気力と体力で書いてるんでそっとしておいて下さい…

甘えたこと言ってるのは分かってるんで、いい所があったらそこだけ褒めて下さい…ってことです。

 

ガキですね。

でも、私が目指したいのはジョン・ラセター他ディズニーの脚本の人達で、優しい希望のある話を書くことで自分を元気にしたいんだと思います。

 

無理やりおわり。

 

 

追記:

おすすめされた映画、もう一度再生してみたんですけど

確かに、絵的に綺麗でした。うん、これもよい映画じゃないか。。。

つまり頭がカッカしてる(orめっちゃ落ち込んでる)時は、精細な物を受け取る受け皿がないということで…。